Connecting the dots

薄毛でお悩みの皆さん、どのようなシャンプーをお使いですか?
「これは、オーガニックシャンプーだから大丈夫!」
「育毛剤のブランドのライン使いしているよ!」
皆さんシャンプーの成分表はご覧になられましたか?
実は、オーガニックシャンプーと謳っているシャンプーでも化学成分が含まれています。

それって本当にオーガニックなの?
オーガニックシャンプーと謳っている商品に化学成分が含まれていると、冒頭記載いたしましたがオーガニックシャンプーの定義とはとてもざっくりしています。
原材料にオーガニック成分を使用していれば、オーガニックシャンプーと表示していいのです。
市販されているシャンプーのほとんどはオーガニック成分が少ない為、価格が抑えられています。
オーガニック成分だけで作られたシャンプーは、まず存在しません。

シャンプーの選び方
薄毛に悩む方のシャンプーの選ぶポイントは2つです。

低刺激
頭皮に過度な刺激を与えない、低刺激なもの

洗浄力
適度な潤いを保ちながら、髪の毛を保護しながら洗浄してくれるもの

シャンプーは大きく分けて3つの種類がある。
それぞれの特徴から、自分にあったシャンプーを選びましょう!

石油系
石油由来の高級アルコールを使用しているシャンプーです。
価格帯もお手頃で市販されているシャンプーのほとんどは、石油系シャンプーです。
このシャンプーの特徴は、泡立ちが良いため洗浄力があり、毛髪の表面のキューティクルを保護します。
ただ、石油由来の高級アルコール成分は、化学成分などで多数構成され洗浄成が強く、頭皮の潤いを奪い過ぎてしまいます。

ラウレス硫酸ナトリウム(Na)
ラウレス-2硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸TEA など
成分表に上記の記載があれば、石油系シャンプーです。

石鹸系
体を洗う時の石鹸と同等の成分を使ったシャンプーです。
洗浄力が一番高いのが石鹸系のシャンプーです。

アルコール系のような化学物質の成分は少なく、頭皮への刺激はそれほど強くはありませんが、洗浄力の高さから頭皮の潤いを過度に取り過ぎてしまいます。
洗い上りが、つっぱると感じたり、乾燥肌の方や頭皮の潤いが少ないと感じている方は使用を控えたほうが良さそうです。
また、石けん系シャンプーはアルカリ性なので、キューティクルが開いてしまい髪の毛がゴワゴワします。髪が傷みやすい方も避けた方が良いでしょう。

石けん素地(カリ石けん素他)
石けん分(純石けん分)
脂肪酸ナトリウム(Na)
脂肪酸カリウム(K) など

上記の成分が石鹸系のシャンプーです。

アミノ酸系
髪の毛の構成成分であるタンパク質を補うアミノ酸と同じ成分を使ったシャンプーです。
毛髪の成分であるタンパク質を補うアミノ酸と同じ成分を使用したシャンプーです。
洗浄力はそれほど高くはありませんが、その分頭皮の潤いを過度に取り過ぎるという心配がありません。
また化学物質ではなく、人体にある同じ成分を使用することで低刺激で髪にも頭皮にも優しいのが特徴です。

種類によってはシャンプーのみでコンディショナーが不要という商品もあります。
皮膚と同じ弱酸性なので、髪が傷みやすい、頭皮が乾燥しているという方に適していて潤いを保ちながら

洗浄力は他の2つと比べて弱いのでしっかりと洗いたい方には適しません。

ラウロイルメチルアラニンナトリウム(Na)
ココイルグルタミン酸ナトリウム(Na) など

上記の成分がアミノ酸系のシャンプーの大表的な成分です。

まとめ
洗浄成分(洗浄基剤)となっている代表的な界面活性剤は、3つの種類に分かれます。
洗浄力が高く肌への刺激が強い順に「石油系」 「石鹸系」 「アミノ酸系」となります。
まずはシャンプーの情報を蓄え、自分に合ったシャンプーを選び、よりよい発毛環境を整えましょう!!

新着記事

  • NO IMAGE

    良い経験を積む

  • あなたの庭には〇〇があるかもしれません!!

  • NO IMAGE

    確率

  • インフルエンサーマーケティングって何?

  • NO IMAGE

    ペットがもたらす効果

  • NO IMAGE

    フラペチーノの由来